Document Title Goes Here

<< Grammatical Symbols >> There are some grammatical symbols to be used in this section.
  1. Np: Noun for places (例:学校、日本、図書館、家、銀行、会社、山)
  2. Nh: Noun for animate beings (例:山本、花子、学生、先生、犬、ねこ)
  3. No: Noun for objects (例:机、いす、めがね、花、本、車)
  4. Nq: Numerical Quantity (例:3冊、2枚、4本)
  5. Na: Abstruct Nouns (例:規則、権利、会議、制度)
  6. SP: Sentence Pattern(文型)[≒ SS: Sentence Syntax]
Also you may need some of particles listed below:
  1. が: [Case Particle] Subject marker
  2. は: Topic marker; emphasis marker
  3. に: Place/location marker 1(static/destination)
  4. で: Place/location marker 2(motion)
  5. を: Object marker; departure marker; passing point marker
  6. の: Noun connector [i.e. N1 の N2]
Here are some hints to construct Japanese sentence and Sentence Pattern:
  1. Japanese Adverb(Ad) can modify:
    1. ゆっくり 走る [Ad + V]
    2. もっと 大きい [Ad + Ai]
    3. もっと 静か [Ad + An]
    4. もっと ゆっくり [Ad + Ad]
    5. もっと 右 [Ad + N]
  2. Japanese Noun can be modified by:
    1. 物理の本 [N1 + の + N2]
    2. 新しい 本 [Ai + N]
    3. きれいな 本 [An + な + N]
    4. 買った 本 [V(basic or -た form) + N]
    5. もっと 右 [Ad + N]
    6. あらゆる 本 [連体詞 + N]
    7. この/その/あの/どの 本 [Ko-so-a-do 1 + N]
    8. こんな/そんな/あんな/どんな 本 [Ko-so-a-do 2 + N]
  3. Japanese Verb can be modified by:
    1. ご飯を 食べる [N + {が/を/に/へ/で/まで} + V]
    2. 新しく 作る [Ai + V]
    3. きれいに 作る [An + に + V]
    4. いそいで 作る [V1-て + V2]
    5. ゆっくり 走る [Ad + V]
    6. こう/そう/ああ/どう 作ります(か) [Ko-so-a-do + V]
<< Q1:存在の表現(1) >> Make a Japanese sentence using the words listed below(click the words list) and some additional particle(s) as needed so that its meaning fits the English in parentheses. Then construct a fundamental Sentence Pattern structure (SP:構文) for the sentence. (You may conjugate the word form(s) as needed.)
以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. テーブル、ある、上、時計(There is a clock on the table.)
  2. 前、郵便局、駅、ある(There is a post office in front of the station.)
  3. 宇宙、わかる、ある、たくさん、まだ、こと(There are still many unknown things in the universe.)

<< A1:存在の表現(1)の解答例 >>
  1. テーブルの上時計があります。(There is a clock on the table.)
  2. 駅の前郵便局があります。(There is a post office in front of the station.)
  3. 宇宙はまだわからないことたくさんあります。(There are still many unknown things in the universe.)
構文1−1−1):SP = Np + {No/Na} + が + ある

Noの制約事項:Noには人や動物などの「意志的生物」を使うことはできない。

(X)教室に山田先生があります。(≠ There is teacher Yamada in the classroom.)
(○)教室に山田先生がいます。 (= There is teacher Yamada in the classroom.)(⇒構文1−1−3)

<< Q2:存在の表現(2) >> 以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. 5つ、ある、居間、いす(There are five chairs in the living room.)
  2. ある、横、3冊、雑誌、机(There are three magazines beside the desk.)

<< A2:存在の表現(2)の解答例 >>
  1. 居間いすが5つあります。(There are five chairs in the living room.)
  2. 机の横雑誌が3冊あります。(There are three magazines beside the desk.)
構文1−1−2):SP = Np + {No/Na} + が + Nqある

注意事項:学習者の誤用(ごよう)で多いのは、「ここに本が3冊あります」のように、数量を「名詞」として扱う傾向がある。しかし、日本語では数量が動詞の前に置かれる場合には助数詞と共に「副詞」として使われる。 「名詞」として使われる場合には助詞「の」と一緒に「名詞」として他の名詞と接続される。(例:「3冊の本」)

(X)ここ3冊あります。  (≠ Here are three books.)
(○)ここ3冊( )あります。 (= Here are three books.)(「3冊」=「副詞」として使用)
(○)ここ3冊の本あります。  (= Here are three books.)(「3冊」=「名詞」として使用)

参考:「存在」を表す文型に「数量」を入れる方法は他の存在の表現にも適用することができる。(以下文型は省略)

<< Q3:存在の表現(3) >> 以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. いる、あそこ、山田(There is Mr Yamada over there.)
  2. 上、いる、木、ねこ(There is a cat on the tree.)
  3. 高校、留学生、いる、この、80人(There are eighty overseas students in this high classroom.)

<< A3:存在の表現(3)の解答例 >>
  1. あそこ山田さんがいます。(There is Mr Yamada over there.)
  2. 木の上ねこがいます。(There is a cat on the tree.)
  3. この教室留学生が8人います。(There are eight overseas students in this classroom.)(構文1−1−3−2):SP = NpNh + が + Nqいる
構文1−1−3):SP = NpNh + が + いる

この構文は(構文1−1−1)と同じであるが、日本語は存在する対象が「人間や動物」の場合には「いる」を使い、それ以外の存在 を表現する場合には「ある」という動詞を使う。(This is one of Japanese language's remarkable features.)

<< Q4:存在の表現(4) >> 以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. お金、ある、彼、には(He has money.)
  2. 私、用事、には、ある、あした(I have something to do tomorrow.)

<< A4:存在の表現(4)の解答例 >> 以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. はお金があります。(He has money.)
  2. あした、私は用事があります。(I have something to do tomorrow.)
構文1−1−4):SP = Nh + {No/Na} + が + ある

前節までのNpの場所にNhが使われる場合は、「人」に事物が存在することから、 「人が事物をもっている」という意味に転じて、所有を表す文型になる。

<< Q5:存在の表現(5) >> 以下の「単語」を組み合わせて英文と同じ意味の文章を作成して、その文型の構文を作成しなさい。(必要に応じて単語の形を変えてもよい)
  1. 子ども、人、ある、には、あの(That person has a child.)
  2. 5人、ある、私、兄弟、には(I have five brothers.)

<< A5:存在の表現(5)の解答例 >>
  1. あの人は子どもがあります。(That person has a child.)
  2. は兄弟が5人あります。(I have five brothers.)
構文1−1−5):SP = Nh1 + Nh2 + が + ある

「人がいる」と「人がある 構文1−1−3の「公園子どもがいる」という文章は現実に子どもが公園に存在する、という「現象」を 表現していて、この節の「私は兄弟が5人ある(有る)」という表現は現実の「現象」ではなく「所有」を表している。

Np Nh No Nq Na 助数詞 SP 意志的生物 無生物 構文 副詞 名詞 連体詞 略語 略語 ⇔抽象名詞(Abstract Nouns) 略語 ⇔物質名詞(Object Nouns) じょすうし 略語 ⇔無生物(Inanimate beings) ⇔意志的生物(Animate beings) こうぶん(SS:Sentence Syntax) Adverbs Nouns れんたいし 存在場所を示す名詞:(Symbol:Np)
例:学校、日本、図書館、家、銀行、会社、山
人間や動物を示す名詞:(Symbol:Nh)
例:山本、花子、学生、先生、犬、ねこ
物質名詞:(Symbol:No)
例:机、いす、めがね、花、本、車
数量名詞:Numerical Quantity (Symbol:Nq)
⇒助数詞(Numerical Classifier)
抽象名詞:(Symbol:Na)
例:規則、勉強、会議、権利、性格
Numeral Classifier,Counter-suffix
例:「冊・枚・人・本」など
使い方:3冊、5枚、6人、2本
Sentence Pattern = 文型 Animate beings = (Symbol:Nh)
例:林さん、犬、先生、子ども、大人、父、母
Inanimate beings = (Symbol:No)
例:本、靴、かばん、車、山、川、めがね
SS ≒ SP:Sentence Pattern(文型) Japanese ADVERB can modify (1)VERB, (2)ADJECTIVE, (3)ADVERB, and (4)NOUN.
1.ゆっくり 歩く(VERB)
2.もっと 小さい(ADJECTIVE)
3.もっと ゆっくり(ADVERB)
4.もっと 右(NOUN)
Japanese NOUNS are classified into 6 groups.
1.物を表すもの(No)−例:本、車、机、花
2.人を表すもの(Nh)−例:学生、先生、山田
3.場所を表すもの(Np)−例:学校、図書館、海
4.動作を表すもの(Ne)−例:勉強、運動、散歩
5.抽象的事象を表すもの(Na)−例:規則、権利、会議、制度
6.数量を表すもの(Nq)−例:3冊、2枚、4本
上記の4は別名「スル名詞」と呼ばれて「する」を付けると動詞になる。
私は日本語の勉強が好きです。(名詞)
私は今から日本語を勉強します。(動詞)
連体詞 is a NOUN specialized modifier word. It is never used as an independent word in the sentence. It is always used with another noun.